マインドフルネス・オンライン自習コース 第8週クラス

ボディ・スキャン

講師のガイダンスでボディ・スキャンを練習します。

ヨガの練習

参加者がそれぞれ、自分の好きなヨガのポーズを練習します。

座る瞑想

講師がガイダンスしますが、ほとんどの部分は沈黙の中で行われます。

コースの振り返り

講師とともに8週間のコースを振り返ります。

ストレスレベルチェック

下のリンクをクリックして現在のストレス・レベルをチェックしましょう。終了後、自分のメールアドレスに送付して、コース開始前に実施したストレスチェックと比較します。

厚生労働省「5分でできる職場のストレスセルフチェック」

以下の項目について、自分で振り返ります。

  • このプログラムに参加した理由は何ですか?
  • このプログラムに参加したことで得たものは何ですか?
  • このプログラムの参加にあたって、犠牲にしたものは何ですか?
  • マインドフルネスの練習を継続するとすれば、どうやって継続しますか?

自分への手紙

各参加者は、自分宛の電子メールを書きます。「マインドフルネス・コースに参加して得たことで、忘れたくないこと」

これを3週間後に時間指定して、自分宛に送付します。時間指定ができない場合は、カレンダーに3週間後の予定を記載して、そこに書き込んでもよいでしょう。

フォーラムに感想を記入(任意)

よろしければ、このコースを受講した感想、あるいは、これから受けようとする人への助言を、下のリンクのフォーラムから、お願いします。

マインドフルネス・オンライン自習コースの感想と、これから受ける人への助言

自宅での練習課題

今後、マインドフルネスの練習を続けていくためのチェックリストを確認します。

  1. 練習する場所(毎日、一人で瞑想の練習をする場所)
  2. 道具(椅子、クッション、ヨガマット、録音、タイマーなど)
  3. 練習を思い出させるもの(カレンダーへの記入、パソコンにポストイットを貼るなど)
  4. 時間(現実的で、かつ、余裕をもったスケジュールを立てましょう。何もしないよりも、毎日5分瞑想したほうがよいです。時間は長いほうが望ましいです。)
  5. 人(一緒に瞑想の練習をする人のコミュニティに入ると長続きします。)
  6. その他(マインドフルネスの練習を継続するためのクリエイティブな方法を見つけます。ペットとか、「今、ここ」を思い出させるものとか、どうでしょう。)

関連資料

最後の瞑想

講師とともに、このコースの最後の瞑想を行います。