プログラムに参加することによる効果とリスク

期待される効果

  • 身体感覚、集中力が向上します。
  • 現実の困難や身体的苦痛、精神的苦痛に対して効果的に対処できるようになります。
  • 自分自身を労わることができるようになります。
  • 身体的、精神的、感情的な健康上の効果が多くの臨床試験により報告されています。
  • ただし、すべての参加者にとって、これらの効果が保障されているわけではありません。

リスク

  • 怪我のリスク: ヨガのポーズは、最も簡単で安全なポーズを取り入れていますが、ポーズの途中、またその前後で、怪我をするリスクがあります。
  • 感情のリスク: 参加者は、悲しみや怒り、恐れなどの感情や過去のトラウマに向き合うことにより、これをさらに強く感じることがあるかもしれません。また、自分の好ましくない側面に気が付くことがあるかも知れません。
  • ストレスの改善が感じられない: 多くの参加者はプログラムが進むにつれてストレスが改善されることを感じますが、すべての参加者の肉体的ストレス(疼痛など)や精神的ストレスが低減することを保障するものではありません。
  • 他者との関係のリスク: 参加者の行動パターンに変化が現れ、これを家族、友人同僚などが不審に思ったり、不快に思うことがあるかも知れません。
  • 練習時間の確保: 毎日、公式な瞑想練習の時間を1時間確保することは、難しいように思えるかもしれません。多くの参加者は、この瞑想練習をすることにより、時間を効率的に使えるようになると感じます。