マインドフルネスヨガとは

マインドフルネスヨガとは、ヨガの実践方法の一つで、特に自分の身体や心の状態に気づいた状態で実践するヨガのことです。マインドフルネスストレス低減法(MBSR) では、マインドフルネスの練習のために取り入れられています。

他のヨガとの違い

もともと、ヨガ(ヨーガ)は、古代インド発祥の宗教的行法でした。ヨガの語源は、牛馬につける「くびき」の意味で、心身を制御するということを示唆しているそうです。

1990年台後半から、身体的ポーズ(アーサナ)を中心とした、フィットネス的なヨガが世界中で流行するようになりました。日本のフィットネスクラブ等で行われているのは、主にこちらの方です。

フィットネス的なヨガは、健康の増進を目的としています。運動の強度や身体の柔軟さ、ヨガの経験に応じて、クラス分けされて、身体を鍛えて、柔軟さを高めるように指導されることもあります。

マインドフルネスヨガは、身体的ポーズを中心としていますが、健康の増進よりも、身体や心の感覚を通じて、「今、ここ」で起こっていることに気づくことを目的としています。

したがって、マインドフルネスヨガでは、ヨガのポーズの中でも最も簡単なものが採用され、身体の感覚を観察に適したポーズの順番が設定されています。

ポーズを行っている間も、身体の感覚を観察すること、および身体をいたわって無理をしないように講師からガイダンスされます。

また、椅子に座った状態でも、マインドフルネスヨガは、可能だとされます。ヨガのポーズに似せて手足を動かすだけでも結構ですし、自分には難しいポーズの時には、休んで心の中でそのポーズをとっているところを想像するだけでもよいとされます。

マインドフルネスヨガのやり方

マインドフルネスストレス低減法の8週間のコースでは、そのクラスの中で、講師のガイダンスによってマインドフルネスヨガのポーズとシークエンス(ポーズの順番)を学んでいきます。

また、自宅での自習課題として、音声ファイルを使って練習するように指導されます。

マインドフルネスストレス低減法では、「横になった姿勢のヨガ」と「立った姿勢のヨガ」、の2つのシークエンスがあり、それぞれ、45分程度の長さです。

「立った姿勢のヨガ」の基本ポーズである「山のポーズ」は、日常生活においても、心が乱れた時に落ち着かせるためのポーズとして推奨されます。

マインドフルネスストレス低減法で使用されるシークエンスは、以下のビデオの通りです。

横になった姿勢のヨガ

立った姿勢のヨガ

まとめ

マインドフルネスヨガとは、ヨガの一種で、「今、ここ」にある身体や心の状態を観察することに主眼を置いています。

マインドフルネスストレス低減法(MBSR) では、マインドフルネスヨガをマインドフルネスの練習に取り入れ、もっとも簡単な誰にでもできるポーズを採用しています。

日本で受講可能なコースは、下のリンクをご参照ください。

日本で受講可能な8週間のマインドフルネスストレス低減法(MBSR)コース